2016-08-02

【くるみの森キャンプ場2・施設紹介】2016.07.23〜24


こんばんは、d-suke23です。


くるみの森キャンプ場レポの続きです。


それではいってみましょう。




と言っても主に施設の紹介がメインです。


前回はこちら


2日目は6時起床。


相変わらずワンパターンのホットサンドと昨日の残りのカレーを食し、撤収作業開始です。


ここは11時チェックアウト。


小さい子供がいるファミリーキャンパーは何かと撤収に時間がかかります。


オムツを替えたり、ご飯を食べさせたり、遊びに付き合ったり、注意したりw


みんなの作業を手伝いつつ、我が家のも片付け、時間ギリギリで撤収。




施設紹介


ここは群馬県の北軽井沢にあり、近くには「オートキャンプきたかる」や、超有名な「スウィートグラス」などがあります。嬬恋村も近いので無印カンパーニャ嬬恋もありますね。


我が家がよく行くキャンプ場が多いです。





道に迷うような事はないですが、入り口の道は若干分かり辛いです。





写真中央に小さく看板が出てますw


ここを右折すればキャンプ場です。




奥の車が止まっている手前を左に入ると管理棟があります。


管理棟。



売店は結構充実してました。お菓子やアイスなんかもあります。




薪は1束500円。


サイト全体は思っていたよりもこじんまりとした印象。


手作り感溢れる遊具。子供たちも楽しそうでした。


シャワー棟。1分100円というアグレッシブな設定w

100円入れた途端に始まるカウントダウンは相当焦りますw

中は脱衣所があって清潔です。けど値段が高いので近くの温泉がオススメかも・・・。


左がトイレ棟で右が炊事場。トイレ、炊事場はここ一箇所です。


BBQ棟。


入り口の看板の裏あたりにゴミ捨て場があります。

ゴミ袋は指定のもので、1枚40円で購入します。


炊事場のアップ。


網洗い場。


小さい子供用に踏み台が用意されています。

こういった気配りが嬉しいですね。


トイレは洋式。男子も洋式のみです。ウォシュレットはなし。

男子も座ってしてねという注意書きがあります。


トイレ入り口には傘をかけておくフックが。ここにも細かい気配りが。


料金は1サイト5,000円で4歳以上は管理費300円です。


我が家の場合は、5,000円+大人1人300円+長男300円の5,600円でした。


ファミリーキャンパー優先(しかも3グループ以上は不可)のキャンプ場なので、元気な若者などで平穏な時間を邪魔される心配は少ないキャンプ場だと思いますw


撤収後の予定


北軽井沢に来ると帰りに必ず寄るのがスウィートグラスアドベンチャールオムの森。


ここは様々なネイチャーアドヴェンチャーが楽しめる場所ですが、小学生以上の利用なので、いつもソフトクリームだけ食べにきていますw


いつもソフトクリームだけ食べて帰ってたので気付かなかったのですが、奥の方に小さい子供でも遊べる無料のコーナーがありました。




 











ひとしきり遊んで帰路につきました。


最後に埼玉の滑川にある「花和楽の湯」(かわなのゆ)で一風呂浴びて帰りました。


オムツの子供でも入れてくれましたw




以上、くるみの森キャンプ場レポートでした。



2 件のコメント:

BERT._.PARK さんのコメント...

FJの画像でビックリしました!!
関東には素敵なキャンプ場が多いですね。
同志の森、無印カンパーニャ嬬恋など
行ってみたいです。
子供達が喜んでいる姿がほのぼのして癒されました。

daisuke noguchi さんのコメント...

BERT._.PARK様

コメントあざっす!
実は一緒に行った友人のFJですw
まだまだ行ってないキャンプ場が沢山あるので、どんどん行けたら良いなと思います。
子供も喜んでくれるので^ ^
いつかは中部、関西も行けたらな〜と思ってます!